読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サービス開発のDailyTopic

サービスで価値を届けたい

いつか居なくなる仲間を大事にしたいという話

最近、年末ということもあり、様々な都合で一緒に働く仲間が職場を去る、、、というお話を聞くことが多いです。

 

ある人の、「もうすぐチームを辞めるから、プルリクに丁寧に答えた」という話を聞いて感じた事なのですが。

 

よく「明日死んでも後悔が無いように生きよう」という言葉がありますが。
これと一緒で、「明日近くで働いている仲間が、チームから去っても後悔がないように生きよう」とちょっと思ったりしました。

(上記の話には、そういう文脈じゃないところも多々含んでるとは思いますが。あくまで自分がそう思うきっかけになったという話です。)

 

  • もっと吸収出来ることはないか、観察しておけばよかった。

何といっても、ある一個人と全く同じスキルセット・パーソナリティを持つ人は居ないわけで、

それなのに、居なくなると気づいてから、「ああ、ココもっと見とけばよかった」なんて思ってしまうことがあることに気づきました。

 

  • 会話を聞くときに、キーボードを打ちながら会話しなきゃよかった

ちょっとしたコミュニケーションの中だと、「また明日も会うし」という油断でちょっとずつ失礼になってしまったりするなぁ、と。

毎日が本気であればもうちょっと真摯になれたと感じます。

 

  • 相手と自分の「うまくいく理由」を深ぼるべきだった

「なんとなく、この人との仕事うまく行くなー」、とか「なんとなく、この人とのコミュニケーション楽だなー」っと日々感じている時があり、

居なくなった途端「あぁ、前は良かったのになぁ」と思っちゃうことがありました。

この「なんとなく」の正体をもう少し明らかにしておけば
自分が他の人と仕事するときにも、この「なんとなく」を再現できるんじゃないかなぁと感じました。

 

ということで、明日から

今ここにいる仲間と、今一緒に働けることの時間をもっと大切にしようと思います。